So-net無料ブログ作成

アンコール・トム、南大門からバイヨンへ~カンボジア編③~ [カンボジア&ベトナム旅行]

*

アンコール・トム(Angkor Thom)

クメール語で”大きな都”という意味のとおり、

アンコール・トムは広大な面積の敷地内に遺跡が散在してる。

現存する遺跡は12世紀後半からす13世紀にかけて

ジャヤヴァルマン7世によって造られたもの。

かつては889年の創立以来、都は複数の王によって建設、

改変と増築が重ねられてきた。

そのため随所に時代ごとの建築様式の違いを楽しめる。

中央に位置するバイヨンという寺院は外せない観光スポット。

そこに立つ四面仏塔はどれも慈愛に満ちた表情をしており、

「クメールの微笑み」として知られている。


※解説文はまっぷるマガジンアンコール遺跡群完全攻略ガイドを参考(部分抜粋)にしています



なるほど ...

いつもガイドブックを買うが、行く前はさらっと見るだけで

実際のものを観てからじっくりと読む

あたしは右脳でインプットしないと左脳が働かないタイプ(笑)


まぁ、細かい注釈は抜きにして

撮ってきた写真を載せたいと思います\(^▽^*)/


IMG_4173.jpg


*
*






IMG_4154.JPG



朝早くホテルを出て ...

まずは入場ゲートへ


アンコール遺跡群に入るには入場チケットが必要だ

1日券はUS$20、3日券US$40、7日券US$60

あたしたちは2日間行くので3日券を購入

ブースで写真撮影をしてもらい

入るとき係員が日にちのところにパンチで穴を開ける


IMG_1414.JPG

カメラマンが笑って~と言うので思いっきり笑顔ww





ガイドさんと一緒にアンコール・トムに到着すると

象がいっぱいいたww

IMG_4158.JPG

中を象で周るという観光だが

ほとんどの人がガイドツアーに入っているので客は少ないww





あたしたちも一応ガイドツアーだったんだけど

他のお客さんがいなくて、贅沢にもあたしたちの専用ガイド

ガイドのヴァンさんは若いお嬢さんで(実はママでしたがw)

日本語もとても上手で、しかもよく勉強しているらしくガイドもわかりやすかった

そのうえ、写真を撮るセンスもgood[揺れるハート]

撮影ポイントでいっぱいあたしたちの写真を撮ってくれた[カメラ]




それにしても世界各国からものすごくたくさんの人が来てる

今まで行った外国の中で一番多くの国の人がいたと思う

もちろん何種類もの言語が飛び交っていた




IMG_4160.JPG



IMG_4165.JPG



IMG_4163.JPG







お猿さん出現!!www

IMG_4166.JPG








南大門
アンコール・ワットから続くバイヨンへのメインゲート


IMG_4171.JPG



門の手前の濠に架かる橋には「乳海撹拌」をモチーフにヒンドゥの神々や阿修羅が並ぶ



IMG_4169.JPG



IMG_4168.JPG





アンコール・トムにある5つの城門のうち、

アンコール・ワットから北へ約1kmのところに位置する高さ25mの門

上部には縦3mにも及ぶ観世音菩薩の顔が東西南北の四面に刻まれ

人々の往来を見守っている


IMG_4172.JPG








IMG_4175.JPG



IMG_4177.JPG







日本の狛犬のようだね ...

IMG_4180.jpg





中にはいると

ヒンドゥの神々などの彫刻がたくさんありとてもきれいだ

IMG_4189-1.jpg



IMG_4188.jpg



IMG_4190.JPG






しかし、ラビリンスのように入り組んでいる


IMG_4195.JPG



IMG_4192.jpg



IMG_4194.JPG






回廊の壁面のレリーフ

クメール人とチャンバ人の戦いの様子や人々の暮らしぶりが描かれている


IMG_4198.JPG



IMG_4203.JPG



IMG_4206.JPG








IMG_4209.JPG



IMG_4215.JPG



IMG_4216.JPG



IMG_4218.JPG






回廊から外を見ると

ガイドツアーのお迎えの車が止まってる

運転手は待ち時間の間はたいてい木陰で休憩だ


IMG_4207.JPG








IMG_4211.JPG



IMG_4219.JPG




IMG_4221.JPG








IMG_4223.JPG





バイヨン(Bayon)
アンコール・トムの中心であるバイヨンは「気高い天空の塔」と称され
ヒンドゥ教と仏教が混在した寺院。

仏の顔が掘られた四面仏塔が複数点在する。



IMG_4229.JPG

顔の大きさは約2mくらい。




IMG_4230.JPG



IMG_4231.JPG



IMG_4232.JPG



IMG_4240.JPG






なかでも中心に鎮座するのはジャヤヴァルマン7世を模しており

それぞれの宗教を認めつつも中心は自分であることを示している。


IMG_4228.JPG


チャンバ国からアンコールを奪還したジャヤヴァルマン7世は

現在でも国民に愛されている国王だ





民族衣装を着た人 ...

お金を払うと一緒に写真を撮ってくれますw

IMG_4236.jpg




IMG_4249.JPG



[飛行機]アンコール・トムの旅行記はもう少し続きます









いつも当ブログ"VACATION"に遊びにいらしてくださりありがとうございます

また、東方神起応援ブログ”Journey"も見てくださり重ね重ねありがとうございます



2015年も残すところあと1日となりました

あたしにとって今年はいろんな意味で思い出深い一年でした

旅行もたくさん行きました

お伊勢詣り、鳥羽、尾瀬、秋田田沢湖&六魂祭、大阪、長崎・軍艦島、鹿児島、京都

世界遺産を巡る旅も続行中で、11月には今回の旅行記でもあるアンコールワット

そしてベトナムホーチミン ...本当にあちこち旅をしました

やっぱり旅行は最高に楽しい\(^▽^*)/

これからもいろんなところに行けたらいいなと思います

まずは健康第一ですね!!


皆様もどうぞ良いお年をお迎えくださいませ[かわいい]

hitomin[晴れ]

IMG_4426.JPG





*


nice!(11)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 11

コメント 6

ぷち

ヒトミンさんの旅行ブログが大好きです。
うちが行ってないとこばっかりでも、一緒に行った気分にさしてくれます。
写真もキレイで、解説もわかりやすく、ヒトミンさんの感想も好きです。
来年もいっぱい旅して、うちを楽しませて下さい。
今年もたくさんのステキな情報ありがとうございました。
来年も変わらずよろしくおねがいします。
2016年も元気いっぱいお互い楽しみましょう!!
by ぷち (2015-12-31 12:33) 

ぴーすけ君

今年も一年ありがとうございました
(●´∀`●)ノ”””よいお年をお迎えください。
by ぴーすけ君 (2015-12-31 12:42) 

hitomin

ぷちさんこんにちは(^-^)/
今年も本当にお世話になりました♡
いつもいただくコメントが嬉しくて、またブログUPしようという励みになってます〜♪
ぷちさんのブログもすごく楽しみです♪
なかなか頻繁に遊びに行けなくて、まとめて読むことも多いのですが…それはそれでぷちさんの日々を通して見る感じがして楽しいですw思わずツッコミをいれたくなります(笑)
こちらこそ来年もよろしくお願いしますm(_ _)m
良いお年をお迎えくださいませ °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
by hitomin (2015-12-31 15:54) 

hitomin

ぴーすけ君さんこんにちは(^-^)/
今年もお世話になりました♡
シアトル滞在記を書いてる時に、毎回遊びに来てくれて
あたしの知らない情報もコメントしてくれて本当に楽しかったです!!
あと、ハリウッドやサンタモニカがまだ書き残しています
カンボジア・ベトナムが終わったらまたコソッと書くので遊びに来てね
ニャンコのブログも楽しみにしてます〜♪
来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎えくださいませ °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
by hitomin (2015-12-31 16:08) 

macky

アンコールワットの壁面の彫刻は、当時の生活や文化を描かれている
のですね~物語を読んでいるかのようにず~っと見ていたくなります^^
楽しくそしてとても勉強になる旅行記をありがとうございます!
では、よいお年をお迎えください(^^♪
by macky (2015-12-31 23:46) 

hitomin

mackyさんあけましておめでとうございます*\(^o^)/*
遺跡や古い建物には海外に限らずストーリーを感じることがあります
今回のこのレリーフはそんな中でもとてもわかりやすく
見ていて飽きないものでした
さすが世界遺産だなぁと思いました
あたし自身、見ている時は説明をされていてもどれがどれなのか
ごちゃごちゃになってる感じでww
でも、こうして写真とガイドブックを照らし合わせながら見ると
なるほどと勉強になりました
ブログっていいものだなぁと思いました
by hitomin (2016-01-04 00:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

1364910796oWajqUjes2PEjas1364910794.gif